採用

先輩社員の声 vol.5を公開しました

お客様の声は自身の活力
ユーザーファーストの情報提供を!


◆スポーツ事業部 マーケティング部 EC&リテール課(2020年4月入社)山本光学に入社したきっかけは、「小さな興味」
わたしは幼少期から水泳を続けており、「水泳に関する仕事をすること」をひとつの目標にして就職活動を行っていました。
当時、使用していたスイミングゴーグルの性能にふと興味を持ったのがきっかけで山本光学の存在を初めて知りました。それまでは「SWANS」という名前の会社があると思っていたくらいで、調べていく内に、中小企業でありながら製造から販売まで一貫して行っている国内では珍しい企業であることや、100年以上の歴史があることを知り、この会社で働いてみたい!と次第に強く思うようになりました。
ご縁があって入社することになり、自身の趣味や小さな興味がプラスに繋がったように思います。
 


オンラインショップを通じたアプローチ
現在はSWANS公式オンラインショップの運営を担当しており、サイトメンテナンス、注文処理や出荷手配、お問い合わせフォームにいただいた質問への対応などをメインに行っています。
お客様と比較的距離の近い仕事を行っているので、ほどよい緊張感とやりがいを持って毎日新鮮に取り組むことができています。自身が対応したお客様から感謝をいただけることはすごくやりがいを感じる瞬間で、御礼のお電話やメールをいただくと、これからも丁寧な対応を心がけようと改めて身が引き締まります。

大変なことは、取り扱っている商品の数が多く、まだまだ過去の商品に対する知識が不足していることです。入社して2年目になりますが、いまだに商品の新しい情報を得ることがあって驚きます。お客様に満足いただけるような回答をできるように心がけていますが、今でも対応に迷うことはしばしば・・・。
ですが、部門としてのフォロー体制はきちんと整っています。悩んだことや不安なことは必ず確認することができ、上司の方にチェックしてもらえる状態になっており安心です。
優しく見守ってくださる周りの先輩方には本当に感謝していますし、一人で抱え込むのではなく、チームとしての一体感を感じています。


■ 1日の仕事内容

● 9:00~
1日の予定を確認し、オンラインショップの注文を処理し、自社の物流倉庫へ荷物の出荷依頼を行います。また、同時にお客様よりお問い合わせフォームにいただいたご質問の対応を行っていきます。

● 13:00~
オンラインショップのページメンテナンスを行います。新商品や販売中の商品ページは常に意識して更新し、お客様にとって使いやすく、見やすいサイトを意識しながら作成しています。
営業の方は展示会、店舗スタッフの方は接客対応など、お客様に製品を知っていただく場面は各部門様々です。わたしもオンラインショップを通じてSWANS製品をたくさんの方にお届けできるよう、試行錯誤を重ねています。

● 15:00~
売上処理を行います。会社の売り上げに直結する部分なので、間違いがないように出荷した荷物と差異がないか入念に確認を行っています。

● 17:00~
1日の仕事内容を再確認し、注文処理や売上処理、お客様への対応漏れがないかを確認して帰宅します。




入社してから感じる社内の雰囲気社内の雰囲気は、とても風通しの良さを感じています。
気さくで明るい方が多いため、仕事の話はもちろん、趣味の話もしながら和気あいあいと仕事をすることができて毎日とても楽しいです。
社会人になるにあたり不安なことも多かったのですが、入社してからは各部門の個性あふれる説明会があったり(笑)、配属後は先輩社員の方にマンツーマンで指導してもらえる8週間のOJT制度もあります。業務に取り組むための基礎をしっかり教えていただけたので、安心して働くことができました。
繁忙期や閑散期など時期にもよりますが、有給休暇は自身の希望で取得できるので、仕事と両立しながらプライベートの時間も大切にしています。
 
また、想像していたよりも多くの方が産休・育休を取得された後に元の部署に復帰されています。自身のワークライフバランスを取ることができ、女性が長年活躍できる職場だなと肌で感じています。最近では男性社員の方も育児休業を取得されることが増えています。
仕事には直接関係ありませんが、一人暮らしをしているので大阪本社に食堂があるのはありがたいです。どうしても栄養が偏りがちになるのですが、食堂のお陰でバランスが整っている気がしています。
 
 
■ 学生の方へのメッセージ
わたしは、会社説明会や面接の温かい雰囲気でさらにこの会社で働いてみたいと思いました。可能な限り、実際に社内の雰囲気を感じ取ってほしいです!
また、社会人は学生とは違った楽しさがたくさんあります。働くことに対して不安なことが多いとは思いますが、心配せずに今は学生生活を精一杯楽しんで過ごしてほしいと思います。
一緒に働ける日を楽しみに待っています!