ico_arrow01 ico_mail01 ico_tel01 svg-hd-logo-type02 svg-hd-logo-bg01 svg-logo01 svg-logo02 svg-logo03

レーザー用遮光保護具

製品の特長

網膜のダメージによる視力低下や眼への悪影響を防ぐ事ができる個人向けのレーザー遮光保護めがねや、レーザー使用環境自体を保護するレーザーカーテン等を展開しています。

お問い合わせ・見積依頼に関するご相談はこちら

レーザは人工的に作られた特殊な光で、自然光とは全く性質が異なります。ほとんど広がることなくまっすぐに進む指向性と単色性のため、パワーが集中し、高密度になります。なかには一瞬で金属も溶かしてしまうほどのパワーになることもあります。そのため、レーザ作業従事者がこれらの特長を知りながらも予防対策を怠ると、災害が発生するリスクが高くなります。特に、眼に対する影響は低出力でも大きく、波長によっては水晶体の集光作用により、網膜が予想以上のダメージを受けたり、視力が低下するなど、永続的な機能障害が残ることも大きな問題となっています。

レーザー用遮光保護具選択のポイント

選択のポイント

レーザーの種類(波長・出力)ごとに、適合したレーザー用保護めがねを選択します。

※溶接用等の遮光保護めがねではレーザー光をさえぎることはできません。

対象作業

レーザーによる溶接、切断、加工等レーザー光線の放射される場所における作業、又はその周辺で行われる作業

用途

レーザー加工(切断、溶接、マーキング、接合等)、半導体

レーザー用遮光保護具の製品タイプ

さまざまな分野で、レーザーの利用は広がり、進歩を遂げています。
あらゆる分野のレーザー従事者の安全性と作業性の向上を図るために、完全吸収タイプ・整備用タイプ・多波長兼用タイプの3タイプを用意しています。作業用途に応じてお選び下さい。

完全吸収タイプ

完全吸収タイプ

光学濃度を高く設定。
レーザー光を安全なレベルまでカットするため、可視光域でも見ることはできません。

ハイパワーレーザー光対応タイプ

光学濃度と損傷しきい値(※)を高く設定。

※万一レーザー光が照射された場合、どの程度のパワーによって損傷を受けるかという値。

強化ガラスタイプ(完全吸収タイプ)

視認性に優れた強化ガラス製フィルタ。

整備用タイプ(レーザー光一部透過タイプ)

1/10000減衰整備用

整備用(光学濃度4)
光路確認・光軸調整などにご使用下さい。

1/100減衰整備用

整備用(光学濃度1~2)
光路確認・光軸調整などにご使用下さい。

多波長兼用タイプ

多波長兼用タイプ
(完全吸収タイプ)

一つのレンズで 複数のレーザー光に対応。
レーザー光を安全なレベルまでカットするため、可視光域でも見ることはできません。

作業者用保護具

レーザー遮光保護めがね・ゴーグル

お電話でのお問い合わせ

本社 TEL 06-6783-1101

〒577-0056 大阪府東大阪市長堂3-25-8

東京支店 TEL 03-3868-5503

〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8F

メールでのお問い合わせ

製品のお問い合わせ・資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

上記にお探しのものがない場合はお手数ですが下記よりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社 TEL 06-6783-1101

〒577-0056 大阪府東大阪市長堂3-25-8

東京支店 TEL 03-3868-5503

〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8F

メールでのお問い合わせ

製品のお問い合わせ・資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら