ico_arrow01 ico_mail01 ico_tel01 svg-hd-logo-type02 svg-hd-logo-bg01 svg-logo01 svg-logo02 svg-logo03

スペック

適合規格 国家検定DS2

動きが激しい作業でもズレない。
装着安定性に優れたクロスフィットタイプ



 

使い捨て防じんマスクについて

使い捨て式防じんマスクは作業中に発生する粉じん・ヒューム・ミストなどの有機物質をろ過材によって除去し、
作業者の呼吸器を護る為に使用します。
■作業対象:粉じんなどが発生する作業
■用途:研磨・切削・穿孔・溶接などの作業

 

国家検定合格品(区分DS2)の高性能使い捨て防じんマスク

DS2マスクとは、厚生労働省が管轄する国家規格の一つで、DS2(※)に合格したマスク。
日本国内の作業現場等でマスクを使用する場合は、国家検定合格品を使うことが法令で義務付けられています。

※DS2:使い捨て防じんマスクで粒子捕集効率95%以上をカット。(Sはオイルミストに対応していないことを表しています。)
 

作業内容による防じんマスクの使用区分

  防じんマスクの性能の区分
粉じん等の種類及び作業内容 オイルミスト等が
混在しない場合
オイルミスト等が
混在する場合
●安衛則第592条の5
廃棄物の焼却施設に係る作業で、ダイオキシン類の粉じんのばく露のおそれのある作業において使用する防じんマスク
 RS3、RL3 RL3
●電離則第38条
放射性物質がこぼれたとき等による汚染のおそれがある区域内の作業又は緊急作業において使用する防じんマスク
RS3、RL3 RL3
●鉛則第58条、特化則第43条及び粉じん則第27条
金属のヒューム(溶接ヒュームを含む)を発散する場所における作業において使用する防じんマスク
RS2、RS3、DS2
DS3、RL2、RL3、
DL2、DL3
RL2、RL3、
DL2、DL3
●鉛則第58条及び特化則第43条
管理濃度が0.1mg/m3以下の物質の粉じんを発散する場所における作業において使用する防じんマスク
RS2、RS3、DS2
DS3、RL2、RL3、
DL2、DL3
RL2、RL3、
DL2、DL3
●上記以外の粉じん作業 RS1、RS2、RS3、
DS1、DS2、DS3、
RL1、RL2、RL3、
DL1、DL2、DL3
RL1、RL2、RL3、
DL1、DL2、DL3
※D:使い捨て式防じんマスク、R:取り換え式防じんマスク
  S:使用環境中の粒子が固体粒子のみの場合の測定方法、L:使用環境中にオイルミスト等が存在する場合の測定方法  

   

使い捨て防じんマスクのシールチェック(フィットチェック)

※安全にマスクを使用するために、以下の方法を厳守することが重要です。

①マスクを手のひら側にのせ、バンドは甲側に回します。

②マスクと鼻と口を覆うように顔に当て、
パーツを起点にバンドを2方向に分岐させ後頭部上部に装着します。

③▼マスクのシールチェック(フィットチェック)
マスク着用者自身で、マスクと顔がしっかり密着できているかの
シールチェック(フィットチェック)が 必要です。
両手でマスク全体を追い、強く息を吐いて空気が漏れていないか
確認してください。マスク周辺から空気が漏れるようであれば、
再度マスクやバンドの位置を調節し、空気漏れを無くしてください。

 

機能

カップ型

型崩れしにくく、形状を保持するカップ型。

金属パーツ不使用

廃棄時の分別が不要。

クロスフィットタイプ

装着安定性に優れたクロスフィットタイプ(CF)。
動きの激しい作業でもズレない。

お電話でのお問い合わせ

本社 TEL 06-6783-1101

〒577-0056 大阪府東大阪市長堂3-25-8

東京支店 TEL 03-3868-5503

〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8F

メールでのお問い合わせ

製品のお問い合わせ・資料請求など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

上記にお探しのものがない場合はお手数ですが下記よりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社 TEL 06-6783-1101

〒577-0056 大阪府東大阪市長堂3-25-8

東京支店 TEL 03-3868-5503

〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8F

メールでのお問い合わせ

製品のお問い合わせ・資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら